人気ブログランキング | 話題のタグを見る
しまかよライブ
~沖縄島唄~ 東日本震災チャリティーライブ  
出 演   しまかよ
日 時   2011・7・27(水) 18:00 開場
                   19:00 スタート 
入場料  ¥1000 (桃・柿育英会へ全額寄付します。)
場 所   日々くらしのモノ。
       松山市南堀端町4-8ハマダビル1F南 
お問合せ 089-933-3584
※ 軽食・ビール・飲み物いろいろあります。別途料金 
しまかよライブ_a0166168_23114895.jpg

        繫がっている
しまかよライブ_a0166168_22354190.jpg

写真は、今回のチケットとチケットが出来るまでの
ハレハレ本舗さんの桜染め手漉き和紙の余分をいただいた物
「きれいな紙~」と紙好きのかずえさん、ウキウキと
グランドピアノの上でさらさら~と描いてしまう。
近頃は、用がある時だけ連絡したりの無礼な私なのだけど
ご無沙汰の空白を感じさせない、そんな関係に自然になっていることがうれしい。

チケット取扱店  More Music
           風味花伝 fumikaden
            FLOR 
           日々くらしのモノ。

嶋さん、かよさんの唄と三線、ほんとうに良いです。
皆様のお越しお待ちしております^^ 
  
# by hibi-kurashi | 2011-07-11 00:27 | お知らせ
わたしの暮らし 彼女の暮らし 
6月5日(日)~6月6日(月)
「わたしの暮らし 彼女の暮らし」  2日間のイベント、cafaBCさんで開催されました。
わたしの暮らし 彼女の暮らし _a0166168_20232084.jpg
 
松山市内に在ります、ドノバンさん、letteさん、afosetteさん、formaakiさん、
ハミカさん、と当店、
それぞれに出品いたしました。
日曜日の午後に、少しの時間おじゃま^^
cafeBC、居心地いいです。
1階2階から上がってくる、コーヒーの香りとともに、たくさんの小さな音、、、
食器の音や談笑
長年の営みによる、建物が語るというのでしょうか。。。
3階スペースもとてもよかったです。 
BCのたみこさん、お声を掛けてくださって、本当に有難うございました。

「暮らし」というテーマをはっきりと打ち出されてのイベントに
ものを売るという仕事のわたしたちの参加、
そこに意味をみつけていただいたことが、うれしい。
私にとっての暮らしのたいせつは、五感を使い主体的であること。
そして、日々の繰り返し。

東日本の震災後、行政に人々の関心が集っている。
主体的に暮らす、、、
「この道にアスファルトはいらない」「ゴミ条例の黄色い看板も罰則も止めて」「避難希望者の数を把握し、松山市としての受け入れ態勢はどこまで進んでいるのでしょう」「伊方原発を止めると暮らしはどのように変わるのでしょうか」「学校給食に毎日出される牛乳、ご飯の食事には合わないのでお茶にしてください」「新発売が多すぎます」etc
言ってもいいのだ。

暮らしに関心をもつと行政に関心がいく・・・行政は個人のためにあると思いたい。
本当はどんな暮らしを望んでいるのだろうと問い、見つめる
真面目で我ままなおとなでありたい。


       
 
# by hibi-kurashi | 2011-06-14 01:41 | お知らせ
「 きたのまりこ の あくせさり 」 
2011年4月20日~24日 展覧会「きたのまりこ の あくせさり」 

まりこさんの作品は、暮らしにある身近なもの
スプーンやフォークやオナベやキュウスやカップやコーヒーマメやハサミやイトマキや・・・
外に出れば、ハナやチョウチョやハチ、スズメにセキレイ、草や木の春の育ちを胞子から
描写の、一つ一つ・・・美しくリアルであり、ときにユーモラスな形に変えて

ご来店のお客様の、一つ一つ身をかがめてご覧いただいている様子に
とてもいい雰囲気で終えた5日間
感謝の気持ちでいっぱいです。
お忙しい中のご来店、こころからお礼申し上げます。
ありがとうございました。

「 きたのまりこ の あくせさり 」 _a0166168_00357.jpg
 
                                   ブローチ にわにがな

「 きたのまりこ の あくせさり 」 _a0166168_011446.jpg

森のなかをお散歩するような・・・
ふと立ち止まり目にするシアワセ
  


 


     
  

 

 

        


       
# by hibi-kurashi | 2011-05-10 01:05 | お知らせ
3月14日愛媛新聞社説を読んで  
同じ思い・・

東日本大震災について、救援活動「一人でも多くの命を救わねば」で始まる記事。
泥の下で、がれきの中で救助を求めている人たちに、一刻も早く救援の手を・・・

本当にそうだ。
4日目、未だに家族が見つからないでいる人たち、胸がはりさけんばかりだろう。
津波に一度はのみこまれたが畳にしがみつき沖に流され漂流しているところ発見され助かった人もいる。
だから、一人一人、早く早く、だ。
自衛隊、日本に在る米軍基地のヘリコプター、ゴムボート、全出お願いしたい。
足りなければ足すではなくて、必要なければ引くでないと、時間がない。
政府は思い切った采配をしてほしい。

福島原子力発電所にいまも現場で作業をつづけている人たち・・。
だれが原発を望んでいるのか・・・望んできたのか・・。
危険な場所に従事している人たちではない。
 
# by hibi-kurashi | 2011-03-14 23:32 | 記事
よい一日
日だまりの暖かさを感じながら カフェ ニュークラッシックへ
pokapoka 展   
桃の節句の今日が初日、一週間開催されてます。
展示されている14点の絵の、見つめていると pokapoka と心ゆるむのでした。
こちらは中の1点、オーナーの高橋さんを画いた絵。       
よい一日_a0166168_22491964.jpg

なにをみてるの? 花
よい一日_a0166168_1291383.jpg

夕方、すこしの時間だけ晴れた空から雨がやさしく降りてきて
光りの粒、 はっとするこの感じ・・・、やわらかくなっている私のこころ。
14才の彼女からのpokapokaは、こんなふうに大人を変えるのかな。
春のよい一日。  
# by hibi-kurashi | 2011-03-04 02:58 | 記事